催眠療法(ヒプノセラピー)とは?

催眠術

 

ヒプノセラピーは、心理療法の一つで、

催眠療法とも言われています。

 

ヒプノセラピーで催眠誘導をすることによって、

普段閉じている潜在意識へと働きかけることができます。

 

潜在意識の中には、膨大な量の記憶があります。

 

ヒプノセラピーの手法を取り入れることで、

その中から、自分でも気づいていないような

重要な記憶を呼び出すことができます。

 

そうすることで、性格や考え方を良い方向へ持っていき、

問題解決へと導くことができます。

 

催眠術と催眠療法(ヒプノセラピー)の違いとは?

 

催眠術と催眠療法(ヒプノセラピー)は、

同じようなものだと思われがちですが、

実は、全くの別物です。

 

催眠術は、被験者の被暗示性を高めることで、

暗示に反応しやすい身体を作る技術のことをいいます。

 

一方、催眠療法(ヒプノセラピー)は、

潜在意識に働きかけることで、

悩みなどを取り除いていく技術です。

 

これは、主に精神面をケアする目的で用いられます。

 

催眠術は、催眠術師目線で行われるもので、

催眠効果が切れるのも比較的早いです。

 

その反面、催眠療法(ヒプノセラピー)は、

被験者目線で行われ、持続性があります。

 

そもそも、この2つは、目的が根本的に違うのです。

 

催眠療法(ヒプノセラピー)の種類

 

催眠療法(ヒプノセラピー)は、大きく分けると、

2種類のものがあります。

 

それは、過去へと遡っていく「退行療法」と、

過去へ退行しない「暗示療法」の2種類です。

 

どちらの療法も、催眠状態にすることで、

自分自身の抱えている悩みや問題の解決を図る

手法として、有効的です。

 

そして、最新の催眠療法(ヒプノセラピー)として、

退行の逆である「未来巡行療法」も注目されています。

 

被験者が、抱えている悩みの内容によって、

どのセラピーを選ぶのか変わってきます。

 

なので、しっかりと事前カウンセリングを行った上で、

セッションを進めていきながら決めるといいでしょう。

 

催眠療法(ヒプノセラピー)が向いている人と向いていない人

 

催眠療法(ヒプノセラピー)は、個人差があり、

向いている人と向いていない人が存在します。

 

それぞれ、どのような特徴を持っているのか、

紹介していきます。

 

まず、催眠療法(ヒプノセラピー)の効果を実感するには、

以下の条件に当てはまっている必要があります。

 

【向いている人】
・豊かな感受性を持っている人
・悩みを解決するには、ヒプノセラピーを受けた後の自分の行動が大切だと理解している人
・明確な目的を持っている人

 

ヒプノセラピーを受けている時は、

カウンセラーに身を任せる受動的な態度を持つ方がいいのですが、

それ以外の時は、きちんと主体性を持っている必要があります。

 

そして、以下のような人には、おすすめできません。

 

【向いていない人】
・合理的、論理的な思考の人
・ヒプノセラピーを受けただけで、今の悩みを一瞬で解決できると思っている人
・他の人に依存してしまいがちな人

 

ヒプノセラピーは、枠に捉われない発想力が重要となるので、

すぐに分析したがる人や合理的な思考の人には、

効果が出にくい傾向があります。

 

催眠療法(ヒプノセラピー)の効果とは?

 

生活を送る中で、何か問題が起きた場合、

頭の中では「こうすればいい」と分かっているのに、

なかなか行動に移せないことがあるかと思います。

 

これは、自分自身の持っている思考パターンが、

潜在意識にしっかりと植え付けられているからです。

 

無意識にコントロールされてしまっているのです。

 

催眠療法(ヒプノセラピー)は、

潜在意識に対して、直接働きかけるので、

早期に問題の原因を見つけることができます。

 

さらに、暗示をかけることによって、

ネガティブな考え方や習慣などを払拭させ、

ポジティブなものに変えていくことも可能です。

 

主に催眠療法(ヒプノセラピー)を受けることによって、

以下のような効果を実感することができます。

 

・心身のリラックス
・ネガティブな思考や習慣の改善
・トラウマの解消
・モチベーションの維持や向上
・集中力の向上
・自信の回復
・人間関係の悩みの改善
・身体の痛みの軽減
・創造力アップ
・ストレスの軽減

 

催眠療法(ヒプノセラピー)に資格はある?

 

催眠療法(ヒプノセラピー)には、

資格が必要なのでしょうか?

 

ヒプノセラピーには、国家資格があるわけではなく、

民間の団体が、発行しているケースがほとんどです。

 

なので、「私はヒプノセラピストだ!!」と名乗れば、

プロのヒプノセラピストの仲間入りができるわけです。

 

民間の催眠療法士の資格は、主にスクールなどで取得ができます。

 

通うスクールによって費用や時間などは変わってきますが、

大体の目安は以下の通りとなっています。

 

【初級者向けコース】
費用:5万円
期間:2日~3日程度

【中級者~上級者向けコース】
費用:10万円~30万円
期間:5日~10日程度

 

これなら「簡単にヒプノセラピストになれるかも…」

「簡単に資格が取れるかも…」と感じるかもしれません。

 

しかし、ヒプノセラピーは、心理療法の一つです。

 

だから、催眠療法士の資格を取得した後も、

日々鍛錬を積み重ねていく必要があります。

 

そして、貴重な時間を使うことになるので、

どのスクールを選択するかは、重要となります。

 

なので、じっくりと考えてから判断してください。

 

 

より詳しくかけ方を知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

⇒催眠術のかけ方(決定版)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました