インナーチャイルドとは?

 

インナーチャイルドとは、

潜在意識の中に存在する子供時代の自分のことで、

「内なる子供」とも言われています。

 

子供の時によく遊んだ場所へ行った場合、

かなりテンションが上がるでしょう。

 

逆に、子供の時に嫌な経験をした場所へ行くと、

悲しみや苦しみなど負の感情を感じるでしょう。

 

これは、子ども時代のイメージが、投影されているからです。

 

子供の頃のネガティブな記憶を抑えつけられて、

それが、癒やされないまま大人になると、

人生がうまくいかなくなってしまいます。

 

なので、インナーチャイルドについて理解を深め、

しっかりと癒していく必要があるのです。

 

インナーチャイルドが傷つく原因

 

人間の人格は、3歳~10歳頃までの体験によって形成されます。

 

なので、幼少期から思春期に家庭や学校で体験したことが、

インナーチャイルドが傷つく原因となっています。

 

子ども時代の記憶(インナーチャイルド)が不安定なままだと、

今後の自分の人生に悪影響を与えてしまうことになります。

 

子ども時代の記憶は、人生の土台にあたるからです。

 

インナーチャイルドが傷ついたままの状態でいると…

 

・無気力になる
・自己嫌悪になる
・イライラしやすくなる
・人間関係がうまくいかなくなる
・不安が止まらなくなる

 

などの良くない症状を感じることがあります。

 

これらは、アダルトチルドレンの特徴に当てはまります。

 

インナーチャイルドとアダルトチルドレンの関係

 

アダルトチルドレンとは、不幸な家庭で育ったことによって、

成人しても、子供の時の心の傷(トラウマ)に縛られながら、

生きている人のことをいいます。

 

大人になってから目の前で起こる出来事に、

子供の時に感じた心の傷が合わさることで、

精神的な負担が増し、「生きづらい」と感じてしまいます。

 

これを放置して、そのまま生きていけば、

うつ病やパニック障害などに陥りやすくなります。

 

実は、インナーチャイルドとアダルトチルドレンは、深い関係があります。

 

アダルトチルドレンになる原因は、

傷ついたインナーチャイルドにあるのです。

 

なので、インナーチャイルドを癒すことで、

子供時代に感じた心の傷が癒されていき、

アダルトチルドレンの克服が可能となります。

 

インナーチャイルドが傷ついている人の特徴

 

インナーチャイルドが傷ついたまま、

大人になると様々な弊害が出てきてしまいます。

 

・うつ病
・不安感を抱えている
・人間関係に失望している
・引きこもりになる
・依存症になる

 

アダルトチルドレンになる人は、

上記のような特徴があります。

 

これらは、愛情が向けられなかったため、

それを穴埋めするために出てくる弊害です。

 

大人になってから愛情を注がれたとしても、

インナーチャイルドと向き合わなければ、

これらの症状を治すことは不可能です。

 

なぜなら、愛情が満たされていないのは、

今の貴方じゃなくて、幼少期の貴方だからです。

 

ここからは、インナーチャイルドに出会う方法や、

メリットとデメリットを紹介していきます。

 

インナーチャイルドを癒すメリットとデメリット

 

インナーチャイルドを癒すことには、

メリットとデメリットがあります。

 

まずは、これをしっかりと理解しておきましょう。

 

インナーチャイルドを癒すメリットは、

過去の辛い記憶に囚われることなく、

生きることができるようになることです。

 

インナーチャイルドが、傷ついた状態でいると、

怒り、悲しみ、恐怖感、罪悪感などといった

ネガティブな感情が抑圧されてしまいます。

 

インナーチャイルドと対話をすることで、

ネガティブな感情から解放されて、

生きやすくなるのです。

 

一方、インナーチャイルド療法には、デメリットもあります。

 

それは、過去の辛い記憶を呼び起こす必要があることです。

 

もしも、子供の頃の記憶がなくなっている場合は、

無理に思い出そうとしない方がいいでしょう。

 

傷ついた心を守るために防衛機制が働くからです。

 

また、インナーチャイルドと同化してしまう危険もあり、

反動から他人に迷惑をかけてしまうこともあるので、

注意しましょう。

 

インナーチャイルドに出会うには

 

「どうすればインナーチャイルドに出会えるの?」

「どうすればインナーチャイルドと会話ができるの?」

と思っている方も多いかと思われます。

 

そこで、今回は、インナーチャイルドに出会う方法を紹介します。

 

インナーチャイルドは、

傷ついた状態のまま無視されてきたため、

心を閉ざしてしまっています。

 

そのため、貴方の前に顔を出すことを拒んだり、

もし、出会えたとしても会話できない場合があります。

 

「インナーチャイルドと出会いたい!!」と思った時は、

ふと感じたことや思い浮かんだことに意識を向けましょう。

 

これらは、意識的に考えたものでなく、

自然に浮かび上がったものである必要があります。

 

ふと、自然に浮かび上がってくるものだからこそ、

潜在意識の中からインナーチャイルドが顔を出すのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です