催眠術のかけ方(決定版)

 

催眠術というと、人を操る魔法のようなものを連想するせいか、
胡散臭いイメージを持っている人が多いのも事実です。

 

しかし、催眠術は、やらせでも嘘でもありません。

 

催眠術は、心理学を主としたコミュニケーション術の一つです。

 

催眠術を覚えると、テレビで見るような催眠術だけではなく、

恋愛など日常のコミュニケーションに活かすことができるので、

今から詳しくお話していきますね。

 

 

催眠術はやらせ?それとも本当なの?

 

何故、このように思っている人が多いかというと、
まず、テレビ番組などの影響が大きいと言えます。

 

テレビ番組で、ショー的な催眠術を見た人は、

 

「催眠術で起こる現象なんて嘘でしょ?」

「あんな簡単に人が変わるものなの?」

 

…と思う人が多いはずです。

 

しかし、実は、テレビ番組での催眠術は、

ごく一部しか放送されていません。

 

 

テレビでは、催眠術の要となる部分は、

見せていないことがほとんどなのです。

 

だから、何も知らない人は、やらせだと感じてしまうのです。

 

 

催眠術の仕組み&原理は科学的に説明可能

 

また、催眠術に対して、

超能力のようなものだと思っている方もいるかもしれません。

 

そして、特殊な人にしか使えない能力だと思っている方も多いでしょう。

 

しかし、実際は違います。

 

 

催眠術は、心理学を主としたコミュニケーション術の一つです。

 

 

つまり、やり方を知ることで、

誰でも簡単に習得することが可能なのです。

 

催眠とは、簡単に言えば、

「思い込ませる技術を使い、相手の脳や身体に変化を与えること」です。

 

心理学を応用したコミュニケーション術の一つと言っていいでしょう。

 

催眠術は、魔法や不可思議な力だと誤解されがちですが、
実は、学ぶことで、誰でも習得することが可能な技術なのです。

 

実際に、欧米では、催眠術を活用した治療が、

日常的に行われています。

 

また、学問として扱われていて、

科学の発展と共に、すでに解明されているのです。

 

 

催眠とは何か?

 

催眠は、決して特殊なものではないのです。

私たち人間は、催眠状態に入ることを日常的に体験しています。

 

例えば、眠りに入る前の

ぼーっとした状態って、すごく気持ち良いですよね。

これも、催眠状態にすごく近い状態です。

 

他にも、朝に目を覚まして、

ぼーっとしている時も同じです。

 

だから、人間は一日に最低2度は、催眠状態を体験しているのです。

 

 

その時に、上手く暗示をかけることで、催眠は成り立ちます。

 

というのも、

人間は、意識的なことよりも、無意識的なところに影響を受けやすい生き物だからです。

 

ぼーっとしている時は、意識が弱まっています。

だから、無意識に直接届きやすくなるので、

催眠術に掛かるのです。

 

また、相手を「どこか一点に集中させる」ことでも、

同じ効果が得られます。

 

一点に集中している時は、無意識なところに情報が入っていきやすくなるからです。

 

先ほど述べたように、

人間は意識的なことよりも、無意識的なところに影響を受けやすい生き物なので、

意識を一点に集中させることで、無意識に直接言葉が届くようになります。

 

その際に、「手が動かなくなる!!」という風に言葉で指示を与えることで、
脳はその指示に従ってしまいます。

 

つまり、

相手の無意識に思い込ませることが、催眠術の正体なのです。

 

 

催眠がかかりやすい人とかかりにくい人の見分け方

 

「催眠術にかかりにくい人っているんですか?」

とよく聞かれるのですが、答えを言うと、

催眠術にかかりやすい人とかかりにくい人の2種類が存在します。

 

そして、それは、

催眠術にかかる人の体質によるのです。

 

 

だから、

かかりやすい人は、誰が催眠をかけた場合でもかかり、

かかりにくい人は、プロの催眠術師がかけても、

全然かからないということもあります。

 

それでは、かかりやすい人とかかりにくい人を分けるのは

一体何なのでしょうか?

 

それぞれにどのような特徴があるのかを簡単にまとめてみました。

 

■催眠術にかかりやすい人の特徴

1.想像力が豊かな人
2.他人に依存しやすい人
3.思い込みが激しい人
4.感性的な人
5.1つのことに集中できる人

 

■催眠術にかかりにくい人の特徴

1.疑い深い人
2.体調が悪い人
3.大きな不安を抱えている人
4.すぐ結果を求める人

 

簡単に言えば、純粋な人ほど、かかりやすい傾向にあります。

 

 

催眠術にかかりたい!体験したい人へのおすすめ動画

 

「催眠術の体験ってどこに行けばできるのですか?」

と聞かれることがあります。

 

理想としては、催眠術のイベントや勉強会などに参加することで、

催眠術を体験することができるでしょう。

 

 

しかし、掛けてもらいにいくのが面倒だと言う人は、

もっと簡単でお手軽に、催眠術を体験できる方法があります。

 

それは、「催眠術を体験できる動画」を見ることです。

 

無料で、催眠術の体験が可能なので、

一度、体験してみてはいかがでしょうか?

 

体験動画はいくつもありますが、

一番おすすめなのは、こちらの動画です。

 

 

こちらは、催眠術を体験できる動画として一番有名で、

実際に、この動画を見て、催眠術にかかった人は多いです。

 

もし、あなたがかからなくても、

友達やご両親はかかるかもしれないので、

このページをブックマークして、催眠術を掛けたい人にも見せてげてください。

 

きっと面白い反応をする方がいるはずですよ。

 

 

催眠術をかける際の心構え

それでは、いよいよ、

催眠術のかけ方についてお話していきますが、

その前に、催眠術師の心構えについてお話しておきます。

 

本来、催眠術は楽しいものです。

 

催眠術をかけられた人は、

楽しくて気持ちが良いものだと感じることがほとんどです。

 

すると、一度体験した人から、

「またかけて欲しい!」

と何度もお願いされることになります。

 

 

しかし、

催眠術師がおもてなしの心を持っていないと、

相手の方に楽しんでもらうことができません。

 

このおもてなしの心を忘れて、無理やり催眠術を掛けてしまうと、

「嫌な思いをした」

…といったネガティブな思いを、

相手の方は持ってしまうかもしれません。

 

だからこそ、催眠術を掛ける前には、

丁寧な説明とおもてなしの心が必要なのです。

 

大切なポイントは、

「相手のことを親身になって考えること」です。

 

このことを意識していけば、被験者との信頼関係を築くことができ、

催眠術を楽しんでもらえることでしょう。

 

 

催眠術のかけ方の基礎知識(基本編)

では、ここから催眠術のかけ方を教えていきます。

前述の通り、催眠術は、心理学を応用した技術です。

そのため、正しい手順でかけていく必要があります。

 

実際に、テレビなどでは、

 

「3つ数えたら体が動かなくなります」

 

などと言って、催眠術をかけている光景を

見たことがあるかと思います。

 

一見、それだけで、催眠術がかかったかのように見えてしまいますが、

実は、放送前から正しい手順を踏んで、徐々に催眠状態にしているのです。

 

正しい催眠術を習得するために、

手順をしっかりと理解しておきましょう。

 

催眠術をかける手順は、以下の3ステップになっています。

 

ステップ1:催眠に興味を持ってもらう
ステップ2:催眠誘導で暗示をかける
ステップ3:催眠状態を解く

 

それぞれのステップについて、

詳しく見ていきますね。

 

ステップ1:催眠に興味を持ってもらう

 

催眠術が成功するか、失敗するかどうかは、

催眠術師のさじ加減で決まるというイメージがあるかもしれませんが、

それは、大きな間違いです。

 

もっと大切な事は、催眠術をかける相手(被験者)が、
催眠術にかかることに興味を持っているかどうかなのです。

 

そして、興味を引くための方法は、いくつもあります。

 

例えば、

「仕事で疲れた身体をリラックスしてみませんか?」

というのでもいいし、

「肩こりがひどいなら軽くしてあげようか?」

でも構いません。

 

このように、催眠術の誘導を始めるために、

相手へのメリットを強調して、興味を引くのがステップ1です。

 

ステップ2:催眠誘導で暗示をかける

ステップ1で興味を引くことに成功したら、

いよいよ簡単な催眠術からかけていきます。

 

まず、催眠術の基本として、

手が固まる催眠術があります。

 

やり方はすごく簡単です。

手をグーの形にして握ってもらい、
どこか一点を見つめてもらいます。

そして、「手が開かなくなる!!」と強く語りかけて、暗示をかけます。

これだけでOKです。

 

催眠術にかかりやすい人の場合、これだけで本当に手が固まります。

 

 

ステップ3:催眠状態を解く

最後は、かけた催眠をしっかりと解いておいてあげてください。

「3つ数えると、催眠は解けます。1、2、3!!」

これで催眠状態は解けます。

 

 

ぜひトライしてみてください。

 

ただし、これが、催眠術の全てではなく、

まだまだほんの入り口です。

 

ここから、さらに

難易度の高い催眠術のかけ方もお伝えします。

 

 

 

相手を好きにさせる催眠術のかけ方(応用編)

ここからは、催眠術の応用編として、

少し難易度の高い催眠術を紹介していきます。

 

「相手を好きにさせる催眠術」

 

まずは、相手の方を催眠状態へ誘導していきましょう。

最もシンプルな催眠誘導方法として、弛緩法があります。

 

これは、相手をリラックスさせることで、意識を変える技術です。

やり方は、以下の通りです。

1.目を閉じてもらう
2.ゆっくりと深呼吸をしてもらう
3.言葉かけをする

 

言葉かけは、相手にリラックスしてもらうために行います。

 

「深い呼吸をするたびに、だんだん気持ちが良くなっていきます」

 

…と声をかければOKです。

難しい言葉をかける必要はありません。

 

 

そして、催眠状態へ無事に誘導出来たら、

次に好きにさせるように暗示をかけていきます。

 

様々な種類の暗示のかけ方があるのですが、

「○○になります」というかけ方が最もシンプルです。

 

例えば

「私の目を見る度に、私のことがだんだん好きになっていきます」

と、ストレートに言うといいでしょう。

 

これだけで、相手を好きにさせることが可能です。

 

 

催眠効果は恋愛に使える?

主に男性の方から

「催眠術は、恋愛にも使えますか?」

とよく聞かれます。

 

これは、まず結論から言うと、

可能といえば可能です。

 

例えば「3つ数えると、だんだん私のことが好きになります」と言えば、

本当に好きになるように、相手に恋愛感情を持たせることは可能です。

 

しかし、いきなりこのようなことを言っても警戒されるだけです。

 

催眠術は、決して魔法のようなものではないのです。

 

正しいステップを踏んでいく必要があります。

 

しかし、観察眼や心理的な知識を身に付けることで、

このような催眠術も簡単にかけられるようになります。

 

これらの催眠術を自由自在に使いこなせるようになれば、

日常のあらゆるシーンで応用ができるようになるので、

相手との距離を縮め、恋愛感情を引き出してくれるツールとなってくれるはずです。

 

催眠術師になるためには?資格は必要?

「催眠術師になるために資格は必要ですか?」

とよく聞かれるのですが、

 

催眠術師になるために、資格は必要はありません。

 

ライターや評論家などと同じように、誰でもなることができます。

 

つまり、

「私は催眠術師です」と名乗りさえすれば、

催眠術師になれるのです。

 

 

しかし、催眠術師を名乗ったところで、

実際に催眠術が使えないと全く意味がありません。

 

 

まず、催眠術の技術を身に付ける必要があります。

そのための方法は、例えば、

・催眠術師の弟子になる
・催眠術の学校に通う
・催眠術関連の書物を読む
・催眠術のノウハウ動画やDVDを見る

など、いくつか存在します。

 

ちなみに、著者は、

オンライン講座で催眠術を学びました。

 

催眠術をもっと学びたい方は、

こちらが非常におすすめです。

催眠術メール講座

 

自分に合った方法で、

催眠術を身に付けてくださいね。

 

最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です